HOME > 塗替えのタイミングについて

塗替えのタイミングについて

こんな症状がでたら塗り替えのタイミングです

塗り替えのタイミング

外壁塗料は雨風や紫外線などのダメージから家を守るために外壁に塗るもの。もし塗膜がはがれてしまったら、家をこれらのダメージからしっかり守れません。よく見たときに汚れ、ひび割れ、そしてカビがあるなら、家を守る力が低下している証拠です。放置すると、雨水や湿気が外壁にしみ込んで建物内部を腐食させるなど、住まい自体にダメージを与えてしまうので、早めに塗り替えを検討しましょう。

チェックポイント

●塗装剥がれ
木部の傷みは、外壁や屋根に比べて早くあらわれます。塗料がかすれて下地が見え始めている場合は、雨水や空気が直接下地と接触することになるので塗膜がはがれている箇所から劣化が進んでいってしまいます。早めに塗り替えを行いましょう。


●ヒビ割れ
温度変化や乾湿などによって生じます。水はどんな小さな隙間からでも浸水し、壁だけでなく建物内部までも腐らせていきます。小さなひびでも水のしみ込みは始まっていますので、ひびがひどくなる前に塗り替えましょう。


●カビ・コケ
ホコリや土が表面に付着し、カビやコケが発生していることがあります。屋根の場合、カビやコケにより正しく雨水が流れず雨漏りや建物自体の損傷の原因にもなってしまいます。塗装の劣化が起こっているだけでなく、下地の劣化も懸念されます。


●白い粉がつく
外壁に触れると手が白く汚れることはありませんか? これがチョーキング現象で、塗料が劣化して防水性を損なっていることを示すサインです。まるで、白いチョークを触ったような汚れが付くため「チョーキング」と呼ばれています。


●色艶がわるい
内部へのダメージはまださほどありませんが、劣化は始まっています。


前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

有限会社 創彩テック
〒566-0063
大阪府摂津市鳥飼銘木町8-12
TEL:072-665-7798
FAX:072-665-7768

創彩テック 8:00〜18:00(定休日:日曜日・祝祭日)TEL:072-665-7798